我が家の最近のお風呂事情

最近、なんだか、音楽に飢えている私。
昔からそんなに音楽!っていうどっぷり浸かることもなく、追っかけするほどののめり込みもなく、単なるミーハーな感じだったのだけど。
よくよく考えてみたら、実家の父は音楽好きで、ほとんど入らせてもらえなかった部屋のは古いレコードやレコードプレーヤーがあったし、ドライブ好きな父とドライブに行けばノリノリの洋楽かけて走ったし、母は鼻唄歌っては「この歌なんだっけ?」とか、お風呂で一緒に山口百恵歌ったり…。

そのうち自分もピアノ習ったり、トランペット吹いたり…どれも、そんなに大成したものはないし、死ぬ気で努力したものもないのは悲しいけど、気がつけばずっと音楽に囲まれてたんだなーとか漠然と思って、それからは、お風呂で歌うのが日課。そういえば昔からそんなだったなーエコー利いていい感じになるのよねー。

とか。
二度の出産でこの五年間、ゆっくり湯船につかれることもなかったし、ひとりで入れることがあっても、耳をそばだてて泣いてないか気になって静かにしか入らなかったから、そんなこと思うことも思い出す余裕もなく、歌う余裕なんかなかったんだなーと今更。
子どもたちも成長してきた証拠だなーとか思いながら、今度は私が子どもたちにお風呂で歌う楽しさを教えてるのがなんだかくすぐったい。

でもどうか、誰も聞いてませんよーに。